相続税法 確認テストに向けて

上司からの社労士勉強推奨ハプニングはありましたが、あくまで目標は、妻の事務所手伝い。ということで、可能な限り税理士試験勉強します。

いよいよ9月末は相続税法第1回確認テスト(資格の大原)です。

一度受験レベルまで仕上げた消費税法の上級演習(TAC)のようにある程度の問題内容の推測がつかず、相続税法の過去問題集(TAC出版)や大原の理論集で理論問題の問われ方傾向はつかんだつもりですが、実際に解けるかといわれるとまだ基礎が身についていないです。

確認テストレベルですから、満点取れないと、という見えない圧力に負けてしまいそうです。でもそのプレッシャーが勉強するモチベーションになっているのかも知れません。

Share This!

About ケンゴ

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。ゼロベースからの管理表作成(貯蔵品台帳、インターバル勤務管理表など実績及び運用あり)及び備品管理が強みです。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、第二種衛生管理者、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください