井の中の蛙

最近は、事務の仕事に限界を感じています。月給制だと一日実働8時間職場に居なくてはいけませんが、手書き、紙書類作業がなくなっているので、作業時間は短縮しているからです。

つまり8時間もかかりません。人的労働時間縛り社会から、情報サービス社会への過渡期なので、過激な記述は差し控えますが、ネットワーク化とは健全な意味ではヒトの労力を減らして、人を別の有意義な仕事に充てる事だと思います。

会社では権限が強い役職者が、仕事を握っているので、私のように中途半端な月給者は、干されてもリストラされるまで我慢するか、自ら外に出て行くしかありません。

自ら外に出る方が、気分良く次の時代に移れます。転職可能性も独立可能性も低いです。

労働時間縛りでなく、成果への評価が報酬であれば、私は喜んで働きます。

税理士になりたい理由は、妻の事務所手伝いだけでなく、私の生き方が合っていると信じているからです。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください