放送大学大学院 科目生ラスト

放送大学大学院の修士課程科目「生涯学習の新たな動向と課題」は残念ながら、単位認定されませんでした。正直な所、試験問題の答えを調べても、調べなくても見分けがつかない自宅受験でしたので、こんなもんかなと思います。

コロナ渦の中、検温、消毒などの措置を取りながら、一部受験生には場所の変更まで行い、試験が行なわれた税理士試験とは大違いです。

負け惜しみを言いますが、大学は対応も悪く、水際対策を取るどころか、そもそも学費が大学側に前払いされていればどうでも良いのかな、と疑問を感じざるを得ません。

自宅受験により調べ受験を認めるのは良いにしても、単位認定が薄っぺらいものになるか、単位習得に向けた学習を今後に活かせるかは、在籍している学生の方が喫緊に考えなければならない点かなと思いました。

愚痴を言ってしまい申し訳ございません。

しばらくは、放送大学大学院については、述べません。進学意欲が復活する日まで、ご機嫌よう。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like