ボランティアリーダーと企業管理職の異同点について

ボランティアのリーダーと企業管理職の異同点の考察

序論

メンバーに報酬を与えない事が前提のボランティアで、何がインセンティブになっているか論じる。

インセンティブとは、組織側から見れば、「動機付け」、ボランティア側から見れば、「報酬」と訳される。では、一般的には無報酬とされるボランティアを統率するボランティアリーダーと、利益・生産性を高めてより多くの利益を生むためにメンバーへのマネジメントを実行する企業管理職とは、「動機付け」にどのような相違があるのか、ボランティアとしての「報酬」、労働者としての「報酬」にはどのような違いがあるのか、論じていきたい。

本論

ボランティアで若干の謝礼をもらい、食事の提供を受けることは、それだけでボランティアをするインセンティブにはならない。私の場合はそうだった。何がインセンティブだったかというと「子供たちと触れ合うことで、自分の生活スタイルを見直そう」と、参加したことが私にとっての「報酬」だった。

私のようにお金を目的としないメンバーが大半だと思うが、ではボランティアリーダーはどのようにボランティア組織をまとめていくのか、考察していきたい。

私が参加したボランティアは、簡単なスケジュールとメンバーへボランティアの注意点の説明があったのみで、あとはボランティアを受ける方々に合わせて、メンバーが動くという仕組みだった。これは、ボランティアメンバーの自主性と協調性を重んじると考えられる。ボランティア組織の存在意義が社会性にあるので、メンバーにある社会的な欲求を満たすことが、ボランティアリーダーがもつ「動機付け」といえる。

企業においては、メンバーの社会的な欲求を満たすことについては、それほど重点を置いていない。組織として社会的な貢献を掲げる事はあっても、企業管理職が持つ「動機付け」は、仕事と報酬である。労働者としてのメンバーは報酬を得る目的が主因であるが、企業管理職がメンバーに求めているのは成果(売上や利益、生産性を上げる事)である。

結論

リーダー・管理職がメンバーの社会的な欲求を満たす事の有無、協調性を求めるか、成果を求めるかの違いがある。メンバーとしてのボランティアには金銭以外の精神的に満たされることが「報酬」となり、労働者には金銭的に満たされることが「報酬」となる。

956字でした。2017年に記載したものをリライトしたものです。ケンゴ

広告