資格か修士かそれ以外か

‪こんな御時世だから、資格試験、特に税理士試験に傾倒していたのですが、ネット見ると、明らかに放送大学大学院の事ばかり検索しています。英語の勉強も有用な気がします。論文誌掲載を考えると英語は必須と思います。

手に職を、とはいえ、現在のところ労務の仕事していて職場に大きな不満はないです。

3パターンを考えていました。

A. 会社員しながら、通信大学院で修士号、博士号を目指す。

B.1科目ずつ税理士試験受ける、仕事は続ける。

C.税理士試験は生半可では受からない資格、アルバイトになったとしても受かるまでやめない。

Cについて、今はムリかなと思います。もうこれ以上収入が少なくなったり、失業者になりたくないからです。

Bは、一見すると現実的ですが、不況になると資格産業が儲かるのごとく、税理士試験のWEB講義視聴していると、3ヶ月前はある時間帯1000人台のアクセスだったのに、今は5000人台です。

自信のある人ならまだしも、私のような臆病ものは避けたくなります。ならば徹底して避けて見ようと思うのです。

きっと、資格が得られない大学院は倍率も低いでしょうし、ゼミでの教授から内容の濃い研究指導を得ることができるかもしれません。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like