称号欲しさ?

放送大学大学院の全科生入試を受ける為、昨年8月に出願したものの、一次試験日がまさかの出勤日で受験しませんでした。悔しくて仕事中、思い出すと恥ずかしいけれど、泣いてしまいました。

今は科目生として引き続き在籍しています。(科目生は全科生ではないので、全科生の修了期限外ですが、全科生になったら修得単位を認定してくれるため、費用も学習負担も軽減されます。)

税理士試験と同じく年1回の試験だと、悔しいと感じるのかも知れません。

ただし、予期せぬ出来事が起きてしまうと、年1回の試験にお金や労力、知力を注ぎ込んでいくのもまたリスクですね。

修士、博士という称号、税理士という称号、有れば職業に箔がつきます。税理士は有資格者が登録しなければ、職業として税理士業は出来ません。

箔を付けたから、何か変わるのか、自己満足ではないのか?そんな考え方もあると思います。

では、称号要らないか?と自問自答すると、欲しいですね。願わくは博士号まで修めて、論文執筆して学会発表したいし、税理士業もしてみたい。

おしまい。

広告