まだまだだけどうれしい

税理士試験の消費税法計算で難問とされる不動産業ですが、ある回の課税標準が合っていました。あくまで試験問題集のことですが、まずは第一歩です。

消費税法の課税標準とは、課税資産の譲渡等の対価の額、売り上げにかかる預かり消費税のもととなる金額ですから、試験合格には大事なところ。

反対に間違えてしまうと、勉強のやる気がなくなります。試験合格後の事考えると、満点以外をブログにしてさらけだすのは愚かなことだと思っています。極力、満点に近づく努力はするつもりです。完全なる人間になれたら良いですが、そこは血が通った人間なので、合理的に人間性を練り上げていきます。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like