TOEIC600突破体験記

TOEIC リスニング375、リーディング240(ベスト290なのに残念でした)、計615点でした。スコアのスクリーンショットは前記事で掲載しています。

突破の記念に体験記を述べます。

リスニング1日1模試(模試とは、TOEIC実施運営団体が出版した公式問題集や韓国版公式問題集に掲載された各テストをいいます。)を2017年3月から2019年12月まで、中断しながらも、実施したこと。毎日本気で1日1模試してたら3年もかかりませんよ、きっと。私はそこまでこの資格に本気になれませんでした。

リーディングは、単語帳(金のフレーズ、キクタン600、800を使用)は通勤時間に読み、文法書(1億人の英文法、フォレスト、ロイヤル英文法を使用)、英語辞書(紙版ジーニアス、web)をパラパラめくり、問題集は、語句問題Part5中心に解きつつも、Part7対策をなぜか英検2級の長文読解問題解いたりと目移りしながら、学習しました。

おそらくリーディングに甘さがあり、そこそこ勉強したリスニングが牽引したといった所でしょうか。

まとまりがないですが、反面教師にでもしていただけたら幸いです。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください