無期雇用転換制度

私は、今の職場5年目です。2020年3月末で無期雇用転換申込権が発生します。幸い会社に制度があって、1年契約を4回更新して、5回目の対象者です。上司からも、このまま余程の事がなければ、大丈夫だろうと太鼓判を押していただいております。

国が推進していることもあって、非正規雇用で働いている人にはありがたい制度です。ただし、決して正社員の優遇を受ける確約ではありません。契約期間を定めないで定年まで働ける制度と考えられます。嘱託社員の契約期間の切れ目の長さや定年後再雇用によっては、制度対象外です。また、登録だけで労働契約を結んでいない場合も対象外なので、注意が必要です。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

それでも良い制度だと思います。安定して働けるからです。心の不安が和らぎます。

私は契約社員ですが、年収300万円ラインなので、正社員の水準にちょっと手が届く程度なのが今の現状です。これより年収を上げるには、管理職以上になる他ありません。独立や転職による方法は42歳の私には選択肢が狭まります。

今の会社が発展するような貢献をしつつ、帰属意識を持つ人生が妥当です。若い人には、会社に依存する人生は考えられない事と思います。無期雇用転換制度を利用して管理職以上に昇格した実例は、制度ができたばかりなので、不明ですが、第1世代を突っ走ってみようかな、と思います。税理士の彼女を手伝う事は別の方法を考えております。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください