放送大学大学院 科目生の選択

いよいよ来週は、選択科目の単位認定試験です。と同時に、次学期の選択科目をどうするか決める時期でもあります。

夏の出願、秋口の全科生入学試験(修士課程本入学)を迎えます。

法律科目を勉強していて、しかも過去に中央大学法学部通信制の中退をしている私が、社会人20年経験していれば、カバーできる?と思いましたが、苦手なものはいつまでも苦手でした。

という事で、知的創造サイクルの法システム、現代訴訟法を諦め、自由が丘産能短期大学、産業能率大学では得意(S評価、A評価)だったコミュニケーション系の科目をメインに据えました。

  1. 社会的協力論
  2. 生活変動と社会福祉
  3. 生活リスクマネジメント
  4. 福祉政策の課題
  5. データベースと情報管理

の5科目を一挙に単位認定を狙うこととしました。修論のテーマが、「雇用の受け皿の在り方とキャリアアップの捉え方」に決めていますので、上記の科目は修論テーマと関連があると思います。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください