英検2級一次試験を受けて(勉強法ではないです。)

英検2級の検定を受けてきました。

2017年第1回、2018年第1回に続き2019年第1回の3度目です。

英検受験の目的は、自分の子供たちと一緒に勉強したい、大学院で扱うような英語論文の解釈をしたいとか、バッヂが欲しいとか、自分が子どもの頃、憧れだった準1級に再挑戦したいとか、etc.です。

結局のところ何がしたいのか?考えた結果、もういいかげん2級書籍を購入するのはやめよう、受験費用もかかるから受かって2級から卒業しようと思い、申し込んでから1ヶ月、過去問を中心に勉強しました。本音を言うと、もう金の無駄だと思ってしまったのです。

ひと月で29時間でした。1日57、58分程度。あまり負荷をかけず、のんびりとしていました。1日1回から多くても3回分の過去問を解答(それもリーディング中心に)程度です。

語彙力をアップさせるために、準1級でる順パス単を頻繁にみてました。通勤時間や待ち時間、寝る前のひとときなどに、です。

単位互換制度や留学の大義名分がないので、なんとしても2級を!という意気込みがなく自然体で勉強できたと思います。

差し迫った事情がない分、リラックスして受験したと思います。ライティングは否定形で書き始めたり、リスニングは先読みせずに問題そっちのけで会話を聴いていました。

落ちた時の言い訳ではないのですが、42歳になると、こんなにも情熱的な感情が無いのかと思いました。

でも、長文読解はテーマやトピック性があり楽しいし、語彙問題は単語を覚えれば覚えるだけ正答数が増える実感があります。

資格検定にゲーム性があるからでしょうか?

ゲームクリアの達成感は怠惰な時間を忘れることができるし、健康診断も良い検査結果数値が出たらうれしく思います。

ロールプレイングゲーム好きだから、他人と競争して合格を目指す税理士試験には弱いけど、何度も繰り返して、自分を鍛え上げて合格を目指す英検、TOEICや簿記検定には良いのかも知れませんね。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

You Might Also Like

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください