2019年度第1学期通信指導(課題レポート)作成完了

放送大学大学院のWeb通信指導で、人的資源管理を提出(送信)したので、残る知的創造サイクルの法システム通信指導を本日仕上げました。

内容はともかく、単位認定試験の受験資格を得るのが目的です。諦めようかと思いましたが、会社の上司にも勉強していることを報告しているので、続けていきます。

あとは、15円切手を貼りに郵便局持ち込むだけです。

ところで、国が設立した私立大学?と説明される放送大学ですが、名称が特徴的なので、ピックアップしました。

(一般的な名称)教科書(放送大学では)放送教材

(一般的な名称)課題レポート(放送大学では)通信指導

ほかにもあったような気がしますが、今のところこれだけです。名称が特徴的なのは、なぜかわからないですが、学期は、学期と呼んで、国公立的な一般名称を使っていたりと愛着が湧いてきました。セメスター制とかわざわざ英語をカタカナで言わない所が良いです。ほかの方のブログを拝見すると、大学院全科生になると、英語論文を読ませるらしいのです。この点は、全科生になったらレポートします。選科生(1年制の科目履修生)でも、大学図書館利用できるので、洋書も読むことが可能です。

私は、弘前大学図書館、産業能率大学図書館、中央大学図書館を利用したことがありますが、放送大学図書館もなかなかの本の数です。

なぜ4つの大学図書館を知っているかは、別の記事にしますが、大学の特色が図書にモロに影響するのを見るのは楽しいですね。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください