TOEIC SW 前回講評分析

TOEIC SW試験は明明後日(しあさって)ですね。前回の講評を分析して、ラストスパートとします。(講評を受けての自己分析です。講評そのものではないです。)

⭐️ スピーキング

  • 語彙・語句、文法が不充分なので、会話表現が乏しい。
  • 書かれたものを読み上げても、相手に伝わらない。
  • 音読のイントネーションとアクセントが効果的。(!?)

⭐️ ライティング

  • 簡単な情報を伝えることは部分的に出来る。(!?)
  • 自分の意見について、具体的な理由と例を挙げて説明できない。
  • 重要な情報を書き忘れる事がある。
  • 文章が分かりづらい。

というのが、2017年4月受験講評の自己分析です。一言で言えば、ボキャブラリーが乏しいことに尽きますね。短期的な結果を求めず、力を付けていきます。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください