AIにもマケズ

先ほど初めての教材研究課題を終えました。

1時間31分で1237字です。入力スピードはAIには負けます。過去のデータ蓄積、記憶も負けます。でも、私の頭に浮かんできた文章は人工知能より創造的だし、過去文献を引用した訳ではありません。労働者は企業の外に出れば消費者(企業にとってお客様)ですから、企業が雇う人をゼロにすることはないと課題を終えて思いました。

人的資源があるおかげで事業活動できるからです。衣食住をエネルギーにする人間が存在する以上、それらを製造したり、流通したり、販売する人は必要です。ロボットが担う部分もあるでしょうが、何より消費する私たちがいる訳ですから。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください