Evernote(学習法編)

今朝は、修士論文に向けて準備を始めました。

慶應義塾大学出版会の「レポート・論文の書き方 上級」(櫻井雅夫さんの著書)を使用して、学習を開始。学習内容は、先ずはイロハから、論文に必要な心構え、必要文字数、資料収集の仕方です。

紙ノートにメモしたものをエバーノートにクリップしたり、書籍原文のままの方が適切と判断したものをクリップしました。

紙ノートの便利さ(書式自由、図形描写)は今の時代でも失われていないですね。書く量が減ったぐらいですかね。パソコンが登場した頃の電卓の様な存在です。かえって、誤ってネット公開される危険がないぶん良いかも知れません。ただし、紛失したり、悪用されたりする危険は紙ノートだろうとネット公開だろうとありますからね。

文明の利器は使いますよ、私は。Evernote は便利ですから。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください