BATIC Subject1公式問題集を解いてみた。

国際会計検定の問題集を解いてみました。

10問解いて全問正答でした。10問程度では判断つきませんが、日本商工会議所簿記検定2-3級の知識があればまず問題は解けます。英語に苦手意識がある人も簿記会計を学んだ事があれば、OKという感じです。

反対に英語学習から、簿記会計を学ぼうとすると苦労するかもしれません。問題集の解き方が日商簿記検定と似ているからです。訳しても、取引区分?仕訳?となります。

私は、簿記会計から英語学習に入った人間なので、個々の意味を掴むのは苦手意識があります。英単語は分からない事もありますが、マークシートで選ぶのは、英単語でなく、数値なり仕訳の科目です。

でも、英語+αという方には、興味を惹かれる試験かもしれません。マークシートでしかもスコア制ですので、TOEICと比較するのも面白そうです。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください