TOEIC L&R730を目指す!

海外赴任に求めるのは、

  1. 語学力
  2. 異文化コミュニケーション
  3. ストレス耐性
  4. 国内の実績

という記事を読みました。
学生の頃は、英検準1級(教員採用最低レベル)が取りたかったです。今はセカンドキャリアとしての教師・講師はまったく考えていません。

サラリーマンなら一度は思い描く「海外赴任」。スコア目安が730点。異文化コミュニケーションとか国内の実績は時の運にもよるので、自分がその機会をつかめるようにするには、まず自分の努力でペーパーテスト、TOEICスコアをあげていきます。

自分の努力といっても、これまでの独学でなく、アルク通信講座、レアジョブ英会話に切り替える事としました。独学で、お金かけずにスコアを達成したらカッコいいのかもしれません。講座を利用するメリットとして、「受講期限」があります。「期限」によるペースメーカーが必要かなと考えています。

40オトコの勉強法なんて、誰も興味ないでしょうし、独学中心の人たちに合わせる必要もない。独学で何年掛かってもいいというほど若くはないですからね。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください