BATIC Subject1 に向けて

TOEICの勉強は一区切りつけたので、東京商工会議所主催のBATIC(国際会計検定)を受けます。この試験は、文字通り、英語と会計がセットです。320点以上(400点満点)は、アカウンタントレベルとして認定されます。Subject2も受ければ、TOEICスコアのごとく、イメージがつきやすいのですが、まずはSubject1から受けていきます。

TOEIC LR 580(2017年4月)と日本商工会議所主催簿記検定1級合格の実力はどうなのか?試してみたい…。

追記

TOEICスコアがアップしたので、TOEICも引き続き学習する事と致します。日商簿記も申込みしました。職場の皆さんにはお世話になっていますし、妻が税理士なので、敢えて今すぐ受けるつもりはないです。現状、税理士試験は相当勉強量をこなさないと受かる事はないかなと思います。一方で子供たちに働くお父さんの姿を見せたいなと考えています。

以前、あと10年で10回の税理士試験の受験機会しかないとブログにしましたが、今は公私ともに少しずつ幸せを感じることが増えてきたので、あえて地獄の受験生活に戻りたくないのが本心です。

では、勉強します。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください