Google翻訳したいけど

今夜は、

TOEIC600点対策リーディングのSkypeレッスンを受けます。今、予習しています。

カリキュラムに指定された単語を使って英語の文章を作成する項目があり、これって、ライティングの対策にも良いのでは?と思いました。

25分レッスンでのカリキュラムはたかが知れています。私自身、週1、25分程度で英語力が身につくなんてこれっぽっちも思いません。

最近の性能が良いGoogle翻訳に頼り出すと、英語力付かないと思ってしまうのと同じですよね。もちろん仕事では使用することもありました。貿易事務の仕事をしていた頃です。転職した今は、道や電車の行き先を尋ねられたり、アメリカの役員とあいさつする程度の会話力で充分です。とはいえ、不意に声をかけられることがほとんどなので、翻訳端末をとっさに取り出すわけにもいきません。
それに語学力ないと就業機会を逃すことになりかねません。東南アジアはすでに英語ができないと就業機会を逃すというレポートを見たことあります。

私は、親戚や職場の人が、“仕事で”海外に出た、“アメリカ研修”に行ったと話に聞くと、負けず嫌いの血が騒ぎ出します。

負けるとわかっていてもTOEICスコアを競ったり、低いのにも関わらず自分のスコアを晒したりするのはそのためです。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください