過去の栄光は捨てろという真実

経理の経験があるおかげで、監査論や企業法は、仕事で培った(つちかった)知識で、3問あたり2問以上は正答しています。

問題集は完全な正答率にしないと、本番で合格点が取れないと私は考えているので、まだまだ試験を受けるに当たらず、です。

一方、日商簿記検定1級、税理士試験財務諸表論は受かっているのに、すでに知識は陳腐化したり忘れたりで、かえって基本的な問題があやふやです。

過去の成功は捨てよ、とある有名な経営者は伝えました。

私は成功してませんが、過去にすがるのは良くないし、ZEROベースで進めるというのもおっしゃる通りだと思います。

英検とTOEICは、ひとまず軽めの勉強にして、公認会計士短答式試験対策をします。

Share This!

About 村上 憲吾

こんにちは! 現在、人材サービス業で人事労務事務員(無期雇用)です。(第二種衛生管理者) 経歴は、大手スーパー契約販売員3年、製造業正社員経理にて決算業務(法人税法、消費税法確定申告書作成、決算書作成、台帳管理)3年、貿易事務派遣1年、会計事務所契約1年、現職場含めて総務6年です。 事務処理に留まらず、業務改善提案も逐次しております。 合格済資格及びTOEICスコア:日本商工会議所主催簿記検定1級、税理士試験財務諸表論、 Microsoft office specialist Excel,Word、TOEIC LR 615(2019.12)S100,W90

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください